スノボをするなら北海道へ

スノボをするのに何よりも大切なのは、雪質な為に雪説が良くなければ人は集まらないのが現状になります。

北海道ならパウダースノーと世界の中でも有数の豪雪地帯で雪がたくさんあり、雪は海の水が蒸発して数の力で山岳まで運ばれます。日本海の海は最も重要な役割を果たしていて、水分を運んでくれる偏西風が通る場所でもあり山岳地帯の日本はその水分を雪に変える条件が揃っています。ルスツリゾートは、年間入場者が70万人以上の北海道の中でも利用者が多く絶大な人気があり、ホテル内やアクティビティなどのリゾートも充実しています。

コースの多彩さや幅の広いコースもあり3つの山を合わせると37コースと、総合滑走距離42kmのビックスケールの中を滑りたい方にはおすすめになります。広い斜面を思い思いに滑ることが出来て周りを気にする方や、初心者の方には好まれます。特におすすめのコースはスーパーイーストコースが口コミが大人気なところになり、最大斜度40度以上のオフピステも魅力的な上級者にも挑戦したいと思われるゲレンデコースになっています。

南東向きの斜面が晴れた日は朝早く滑ると良く、スノボ好きの方にも選ばれる条件が揃ったスキー場です。子供がいる家庭でなかなか滑りに行けない方にも充実した施設が多く、万人受けするスキー場になっています。ルスツリゾートはスノボ好きな方なら、1度は試しに行って滑って見ることをお勧めする北海道のスキー場になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *