東海でおすすめのスノボができるところ

東海地方でスノボを楽しめるところも多くあり、関西の方も東海地方なら気軽に行けて初心者の方でも楽しめるところがあります。

高鷲スノーパークなら西日本最大級のダイナミックゲレンデがあり、標高1、550mのゲレンデの頂上から180度遮るものが無い爽快なパノラマが広がっています。全長2、700mの15人のゴンドラに乗り込めば寒さも感じずに山頂までたどり着き、頂上から早大なスケールとパウダースノーで最長4、800mや4、000mのロングコースなど初心者・初級者に優しい幅広の緩やか斜面もあってスノボの練習にも最適です。

ドームベルト横にはネットで仕切られた安心のキッズパークもあって坂道もベルトを使えばソリ遊びも楽になります。めいほうスキー場は5、000mのロングコースがあり、ビギナーからエキスパートまで大満足で遊べます。バラエティー豊かな14コースはベテランの方まで存分に楽しめて標高1、600mの頂上からは雄大な北アルプスの絶景が一見の価値があります。

環状道の利用で豊田・静岡方面からのアクセスも良く、東海北陸自動車道の郡上八幡ICを利用すれば混雑する土日も渋滞を回避できます。またスノーウェーブパーク白鳥高原は標高1276mの山頂が扇形に広がった広々としたゲレンデで、規制も少なくゲレンデの起伏を利用してスノボを楽しめます。アイテムも豊富で平日は駐車場が無料なお得なレディース・男Dayや毎日子供無料などお得なサービスが盛りだくさんです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *